子育て中でも働きやすい
環境が何よりです。

西本 聖子 (にしもと せいこ)
看護師・病棟主任

私が看護師になったのは親のすすめがあったからです。内科の看護師として小曽根病院に就職しましたが、内科の廃止とともに精神科に移りました。異動当初、一般科のように完治するということがない精神科では、達成感が少なくストレスを感じましたが、それも年齢とともに変化してきました。病気を長い目で見ることができるようになりましたし、ゴールが長いぶん勉強のしがいもあります。それでも残るストレスはプライベートな時間を充実させたりして解消しています。オンとオフの切り替えが大事ですね。

小曽根病院はとてもプライベートを大切にしてくれます。それは家庭をもつ職員にも同じで、子どもがいると急に休まなくてはならない場合もありますが、皆さんがきちんとフォローしてくださるので、安心して休むことができます。看護部は気さくで厳しい上下関係がないため、仕事に限らずいろんな相談ができる家族のような存在。母として看護師として、本当に働きやすい環境だと実感しています。
主任になって一年。やっと主任業務が少しずつわかってきたので、これからは全体をもっと見渡して、主任らしく皆さんの心理的な支えになりたいと思います。

自信がなくても
やる気があれば大丈夫!

西本 真也 (にしもと しんや)
看護師・病棟主任

私は、高校生のときに祖母が病気になったことをきっかけに看護師という職業に興味を持ちました。まだ男性の看護師が少なかった時代のことです。高校卒業後、小曽根病院で看護補助の仕事をしながら看護学校に通わせていただき、資格取得後もそのまま小曽根病院で勤務しています。同僚と結婚し子どももできましたが、ふたりともそのまま働き続けています。
精神科は怖いイメージが先行しがちですが、患者さんは私たちと同じでいろんな性格の方がいらっしゃいます。働き始めた頃には、若い私を気遣って逆に私が元気をもらうこともありました。

私たちの仕事の基本は患者さんの話を聞くこと。伝えたいことがうまく表現できない患者さんの思いを少しでも感じ、そこから看護へ繋げていくことができるようにしなくてはなりません。たとえそれが妄想であったとしても、患者さんにとってはそれが現実なのですから。
精神科の看護師に興味のある方は、やる気があればぜひチャレンジしてください。看護師のコミュニケーション能力によって対応の幅も広がるこの仕事は「経験と理解」が肝心。マイペースでこつこつできる人に向いている職業だと思います。

仕事もプライベートも充実。
次はスキルアップ!

加藤 尚子 (かとう なおこ)
看護師

小曽根病院の看護師になって10ヵ月です。友達に誘われて看護学校へ通い、実習先で精神科が合っていると感じました。しかし、一般科も経験しておいた方がよいとアドバイスされたので、一般科の病院へ就職し経験を積んだ後、小曽根病院に入職しました。
精神科の良いところは、患者さんとより触れ合えることではないでしょうか。私たちの対応やことばひとつで患者さんが変化します。それはまるで自分の映し鏡のように。難しいのは患者さんの気分の変動にどうやって関わるか、どのように信頼関係を築くか。まだまだできないこともありますが、先輩方の対応を見ながら頑張っています。

看護部は皆さんがとても優しく接してくださり、相談もしやすい環境なので楽しく働くことができます。また、小曽根病院はプライベートの時間がじゅうぶんあるので、友人との食事や旅行に行くことでリフレッシュしながら仕事を続けることができます。
10ヵ月間働いてみて、精神科はやはり自分のゆっくりとした性格に向いていると実感。これからは積極的に研修に参加してスキルアップをはかり、患者さんのリカバリーに携わっていきたいと思います。

採用の応募・お問い合わせ 06-6332-0135 応募・お問い合わせフォーム
採用の応募・お問い合わせ
06-6332-0135
応募・お問い合わせフォーム